教頭より

本校は中等部の3年間、高等部の3年間、計6年間での指導により、生徒の進路を実現できるように指導しています。しかし小学生から中学生になり、突然「進路」と言われてもなかなか想像しにくいものでしょう。さらには大学といっても具体的なイメージは沸き難く、かつ、わからないことも多いでしょう。また将来の目標と言われても、幼稚園や小学校のときのような夢も描きにくい状況になっているかもしれません。実際、生徒に聞いてみると、まだ何も決まっていないという答えが多く見受けられます。そのため中等部では、まずは「具体化」「自己分析」「思考力、発想力の向上」といったことをキーワードに生徒の進路指導をしています。

中学教頭 北谷高志

「具体化」する対象は「大学のイメージ」や「将来像」です。本校の生徒には、中学校一年生からキャンパス見学や文化祭に参加することを推奨しています。もちろんインターネットやパンフレットで情報を得ることはできます。しかし、実際にキャンパス内に足を踏み入れ、大学の先生や学生の方と話すことで得るものが多くあると考えます。年度によって訪れる大学は異なりますが、2019年度は、東京大学と首都大学東京(現:東京都立大学)を訪れました。東京大学では、本校の卒業生にキャンパス内を案内してもらい、話す機会をもらいました。首都大学東京では教授や大学院生と話す機会をいただき、中学生の今だからできること、やっておいた方がよいことを伺いました。このように大学のキャンパスに直接足を踏み入れ、教授や学生の生の声を聞く、といった具体的な体験を増やすことで、生徒たちは大学に対して想像を具体的に膨らませることができるようになります。また、そのことで大学に限らず自身の将来像にも想像を働かせることができるようになると考えています。

一年生:東京大学
二年生:首都大学東京(現:東京都立大学)

また、具体化するのは「自己」についても同様です。自分自身のことは他者のことに比べると考える機会が少なく、漠然とした認識しかないこともあります。そこで、「総合的学習の時間」を活用して「自己分析」の機会を作り、考える術(すべ)を身に付けさせています。自分のことは考える機会がないと具体化しにくいものです。自己に対する漠然とした認識を有していたとしても、それだけでは活用することはできません。しかし、考える手段を獲得することで「自己分析」ができ、漠然とした自己への認識から具体的な側面が浮き彫りになるのです。そのために「思考力、発想力の向上」を目指しています。ここで中等部が行っているワークショップのいくつかを紹介します。一つはMindMapの作成です。話題の中心となるテーマから連想するものをどんどん書き連ねていくものです。このことによって、頭の中で点在し、漠然としていた認識が一つの可視化された情報に転ずるので、完成したMindMapを俯瞰すると自身の認識を理解することができ、さらなる思考、発想につながっていきます。もう一つはBrainStormingです。本校ではポストイットを使用して生徒に様々な情報を整理させています。テーマごとのグループを作り、関係性を可視化します。整理され、関係性が示された情報を俯瞰することで、さらなる思考、発想につながります。このような手段を知ることで、自分自身について考えるのは当然のことながら、他者や社会、その他の事象などに敷衍することもできるようになり、深い分析力へと接続すると考えています。

以上のように、本校では、生徒が自身の将来に対して考える機会と手段を提供することを心がけています。それは、具体的な目標というものが学習への活力になると考えているからです。この多感な中学生という年代では学習する意味、目的を失ってしまいがちです。「将来のため」ということは頭ではわかっていても、そこに具体的な将来像がなければ、活力にはなりません。多くの情報が流布する現在において必要な、情報を整理し、分析する力を本校で身につけてみてください。

(生徒の進路実現に向けた具体的な教育体制に関しては進路指導のページをご覧ください。)

Google Workspaceを活用したICT教育

本校では2020年度、新型コロナウイルス感染症拡大による休校に伴い、Google社が運営する教育支援コンテンツG Suite for Educationを導入しました。このサービスは、生徒個人にGoogleアカウントを発行し、オンライン上で教育支援のアプリケーションを使用できるようにするものであり、現在はGoogle Workspaceと改称されています。

休校期間中はHRとしてのやり取りや授業映像の配信に留まりましたが、休校が明けたのちはHR活動のみならず、授業・ゼミ・部活動などへ活用を広げました。これにより、生徒自身が資料の作成・共有を行ったり、指導教員から随時フィードバックを得ながら家庭学習を進めたりすることが可能になり、本校での学習スタイルが徐々に変化しました。

2021年度以降も同コンテンツをさらに探究し、新たな試みを進めていくことを予定しております。また、現在は各家庭および本校情報室の端末に限定された運用ですが、次年度を目処に改善を検討しております。

本校における情報教育の様子
オンデマンド授業配信の様子

研究レポートの執筆・ポスターセッション

二年生の三学期からは、三年生にかけての総合的な学習の時間で、パソコンとGoogle Workspaceを使って研究レポートの執筆を行っています。文献研究や論文執筆の基本的な知識や技術を習得しながら、生徒一人一人が自身の興味のあるテーマについて探究していくだけでなく、三年生は二年生に向かってポスターセッションを行い、自身の研究成果を発表しています。

その他中学校の取り組み

本校では生徒の成長を促す様々な行事や活動を行っております。

詳しくは年間行事学校生活のページをご覧ください。