ホーム>在校生・保護者の皆様へ

語学研修

ブリティッシュヒルズ(福島県)

 平成29年3月13日から3月18日まで5泊6日の日程で、福島県にある「ブリティッシュヒルズ」へ語学研修に行きました。参加者は中学生18名、高校生9名です。中学生と高校生のグループに別れ、主に午前2時間午後2時間(1時間は90分授業)、英語で授業を受けました。「ブリティッシュヒルズ」内は英語が公用語。日本にいながら留学体験ができました。

ブリティッシュヒルズの様子 ブリティッシュヒルズの様子

ブリティッシュヒルズの様子 ブリティッシュヒルズの様子

ブリティッシュヒルズの思い出

中学2―2 家中 彩更
 

 ブリティッシュヒルズでの1つ目の思い出は「Fun With Language」という授業です。この授業は、チーム戦で行いお題を出された絵を描きその絵を英語で答え、勝ったチームにポイントがもらえるゲームや先生が英語の単語を言いそのスペルを当てるというゲームをしました。これらのゲームはすべてチーム戦だったのでチームでの団結力がとても重要でした。私は、1年生と同じ班だったので1年生とも2年生ともさらに仲が深まった気がしました。
 2つ目の思い出は、「Performing Arts」という授業です。この授業はチームで劇みたいなものをしたり、チームで選んだカードの内容を演じて答えるというのをしました。劇みたいなものでは男女混合だったので少し恥ずかしい所もありましたが、みんなのアイディアでうまく成功することが出来ました。
 3つ目の思い出は「Cooking Scones」という授業です。この授業はスコーンを作るという授業でした。料理が苦手な私でも簡単かつおいしく作ることができました。スコーンを作ったのはブリティッシュヒルズ最終日だったので親にプレゼントしました。今度は自分でアレンジして作ってみようと思いました。
 4つ目の思い出は、ブリティッシュヒルズでのご飯や部屋での生活、フリータイムです。ブリティッシュヒルズのご飯はビュッフェ式で朝、昼、夜、食べました。毎回食べる所が違いロウソクを灯しながら食べる時もありました。部屋での生活では、のんびりと過ごすことができました。しかし一番最初に部屋に入った時に驚いたのが、お風呂とトイレが一緒だったことです。より一層海外にいるような雰囲気になれました。フリータイムでは、たくさん時間があったのでさまざまなことをすることができました。初日では早速ジムに行ってダンスをしました。外国人がダンスを教えてくれたりその場の雰囲気を盛り上げてくれたりしたので、とても楽しかったです。他にも自由に使えるスペースというのがあって同学年の人達とUNOやトランプを使ってあそびました。さらに金曜の夜には「タックショップ」というのがオープンしていたので行きました。タックショップというお店は海外のお菓子がたくさん売っていました。そこでは物を買いたい時に使う英語を学べたのでよかったです。同学年の人達と一つの部屋に集まってお話をしたりお買い物をしたり有効にフリータイムを使うことができました。
 最後にブリティッシュヒルズに来て良かったなと思えたことは、外国人の授業を楽しく学べたことです。学校ではネイティブの人ではないのでネイティブの人の発音が聞けて本当によかったです。また行きたいと思えるブリティッシュヒルズ研修となって本当によかったです。また思いっきり楽しめたのは授業を教えてくれた先生方のほかお金を出してくれた親のおかげだと感謝の思いを新たにしました。6日間という短い間だったけどとても楽しめてよかったです。