自学自習の姿勢の確立

狭山ヶ丘高校では自学自習を重視しています。もちろん、授業の重要性は言うまでもありません。集中して授業を受けるところから高等学校の学習は始まります。しかし、本当のスタートはそこからです。授業を受ければ、得意科目・不得意科目、得意な分野・苦手な分野と、各人の学習状況は様々なものとなります。そうした自分なりの課題点に対して、自学自習を通じてどれほどの努力を積み重ねることができるのか。この点が、大学受験を見据えた高校生の学習にとって最も要求されることです。

特別自習室

夕方4時以降、3号館図書室は自習室として開放され、夜9時まで静かな環境で集中して学習することができます。英語の音声教材やリスニング機器も備え、入試対策や英検対策で活用されています。

Google Workspaceを活用したICT教育

本校では2020年度、新型コロナウイルス感染症拡大による休校に伴い、Google社が運営する教育支援コンテンツG Suite for Educationを導入しました。このサービスは、生徒個人にGoogleアカウントを発行し、オンライン上で教育支援のアプリケーションを使用できるようにするものであり、現在はGoogle Workspaceと改称されています。

休校期間中はHRとしてのやり取りや授業映像の配信に留まりましたが、休校が明けたのちはHR活動のみならず、授業・ゼミ・部活動などへ活用を広げました。これにより、生徒自身が資料の作成・共有を行ったり、指導教員から随時フィードバックを得ながら家庭学習を進めたりすることが可能になり、本校での学習スタイルが徐々に変化しました。

2021年度以降も同コンテンツをさらに探究し、新たな試みを進めていくことを予定しております。また、現在は各家庭および本校情報室の端末に限定された運用ですが、次年度を目処に改善を検討しております。

情報科の授業の模様
オンデマンド授業配信