トップページ > 教育と進学 > 設置コース

設置コースcourse

  • 東京大学をはじめとする最難関国立大学現役合格をめざすコースです。
    【主な目標大学】
    東京大学や京都大学といった各旧帝国大学、一橋大学、東京工業大学、東京外国語大学など

    少数精鋭の学習環境

    このコースは1クラス20〜30人という少人数で構成されています。そのため、教師が生徒一人ひとりとじっくり向き合い、個に応じたきめ細やかな指導ができます。また生徒たち自身も仲間意識が非常に強く、学業だけでなく様々な事柄に一致団結して取り組んでおり、「よき友人であり、またよきライバルでもある」、そのような関係を築いています。

    偏りないバランスのとれたカリキュラム

    学業面では、二年次に文理選択がありますが、本コースでは、文理どちらかに重点を置いたカリキュラムは組まれておらず、国数英の主要三科目がバランスよく配分されたものとなっています。文理どちらかへの偏重に安易に流されることなく、最難関国立大学の受験を常に意識しながら学習することを主たる目的としています。

    初志貫徹の精神

    学習においては、ともすれば孤独に陥り、掲げた目標を見失い、志望校を下げてしまう場合もあります。しかし、本コースの生徒は仲間と支え合い切磋琢磨し続けることによって、一度掲げた目標を諦めることなく、挑戦し続ける強さを持って、日々学習に取り組んでいます。

    在校生から私がこの狭山ヶ丘高校に入学したいと思った理由は二つあります。
     一つ目は、図書館や特別自習室など充実した学習施設が整っているところに魅力を感じたのと同時に先輩方の偉大な進学実績に強く圧倒されたからです。先輩方の輝かしい進学実績を目の当たりにし「自分も先輩たちのように頑張りたい」と強く思うようになりました。そのためにも先輩方の背中を追い、毎日の予習や復習を大切にし、自分のものにできるまで理解を深めるよう勉強に取り組んでいこうと思っています。
     二つ目は、小川義男校長先生です。毎月発行される「狭山ヶ丘通信」に掲載されている校長先生の言葉一つ一つに感動を覚えました。実体験を踏まえての教え、そのすべてが深く心に残り感銘を受けました。このような校長先生のもとでV年間を有意義に過ごしたいと考えたからです。
     この狭山ヶ丘高校での三年間で着実に学力をつけ、自己実現を目指します。(1年男子)
    卒業生から1年次は自習室を利用して勉強していました。上級生や受験生と同じ環境で勉強することは、高校受験の結果に意気消沈していた自分にとってとても良い刺激になりました。
    2年次には思うことがあり自習室の利用をやめ、生徒ホールや自宅での勉強に切り替えました。この結果、時間の使い方の自由度が広がり、受験科目ではない「数学C」の行列を独学で解いてみたり、部活動でやっていた大道芸の練習に打ち込んだりと、自分の受験に直接は関係しないようなことに手を出す余裕も生じました。このことが偏差値を追い求めるあまり狭まりがちだった視野を広げる一助となりました。
     3年次には、それまで培ってきたものに大きく助けられてきました。また、先生方には英作文の添削や、私大入試でわからなかった問題の方針の立て方についての相談など、たくさんお世話になりました。そのおかげで、私大入試でいい手ごたえを得られなくても落ち着いて振り返ることができたため、国公立二次試験の前でも焦燥感に駆られることなく落ち着いて入試に挑むことができました。
     3年間努力してきたという自負や、センター試験の自己採点で多少の余裕があったとはいえ、前期試験の合否発表を見るまでは後期試験も受験することも視野に入れながら生活していました。
     大学では、興味のある分野のスペシャリストを目指すとともに、幅広い知識を身につけたジェネラリストになれるように邁進していきます。
    北海道大学総合入試理系 入学 坂本 信仁(所沢市立山口中学校出身)
    平成31年3月卒業

  • 国公立大学や早稲田大学、慶應義塾大学をはじめとする最難関大学私立大学現役合格を目指すコースです。
    【主な目標大学】
    国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、その他医療薬科系大学など

    様々なことに切磋琢磨し合える環境

    大学受験に対しての意識が非常に高い生徒たちが集まっています。入学当初より学業へのモチベーションが高く、受験を意識し、ともに競い合い、ともに向上し合う彼等の姿が見られます。またここでは、部活動にも所属し文武両道を図りながら最難関大学合格を狙っていたり、文化祭などの学校行事にも積極的に参加しクラス一丸となって最高のものを作り出そうと頑張ったり、多くの生徒が学校生活を有意義に過ごしています。こうした多彩な人材が、その個性を認め合い、互いに磨き合って、様々な化学反応見せてくれます。

    それぞれに特化した進学指導

    学業面では、二年次に文理選択がありますが、本コースでは、生徒自身が選択した文理どちらかに重点を置いたカリキュラムが組まれており、文理どちらか一方に特化された授業展開がなされています。これにより、国公立大学や最難関私立大学、医歯薬科系大学を目指す上で、より具体的に受験対策をたてることが可能であり、大学受験への意識がより一層高まっていくのです。

    在校生から私が本校に入学を決意した大きな理由は、整った学習環境が自分の将来の夢の実現につながると確信したからです。特別自習室や進路室などの高い水準の環境は、近隣の高校には例を見ないものです。また進学実績もこれらに見合うものです。
     今こうして無事入学し、これからの高校生活で挑戦したいことが幾つかあります。まず第一に学力の向上に全力で取り組むことです。私の将来の夢は医者になることです。医学部のある大学への進学を希望しています。ですから、努力を惜しむことなく日々の生活から夢への道を一歩一歩着実に進めていこうと考えています。また体力の向上にも取り組んでいきたいです。何事をするにも体力は必要なものです。部活動に積極的に取り組み、体力向上を目指します。しかし、体力の向上のため部活動に取り組みからと言って学習を疎かにするつもりはありません。やるからには全力を尽くし、振り返った時に、学習面、運動面ともに良いものだったと思えるよう努力を重ねていく覚悟です。(1年男子)
    卒業生から私が上智大学の史学科を志望した理由は、この大学で研究できる歴史学の幅広さに惹かれたからです。上智大学の史学科では、日本史や世界史といった括りにとらわれずに、世界中の国々の繋がりを中心に学ぶことができます。例えば戦国時代の鉄砲伝来といった日本史上の出来事を、鉄砲を伝えたポルトガルの側から学ぶことも可能なのです。このような研究ができる場として、国際化を掲げる上智大学が最も適していると考えました。
     受験期間中に最も意識したことは、志望校の問題に合わせた対策をするということです。模試を受けると合格可能性等の判定結果が出ますが、大学の問題は模試のそれとはまったく異なります。いくら良い判定をとっていても、大学独自の問題が解けなくては、合格することはできません。私自身も、模試の判定自体はそこまで悪くなかったのですが、いざ過去問を解いてみると、当初、あまりの難しさに頭を抱えました。しかし、時に判定がよくなくても、諦めることなく志望校の過去問を何度もこなしました。その努力が報われ見事合格することができました。魯迅の言葉に「得意冷然、失意泰然」という言葉がありますが、模試の結果が良くとも慢心せず、悪くとも必要以上に落ち込まない心の強さが、受験期を戦い抜くためには必要ないことだと思います。
    上智大学文学部史学科入学 清水 祐希(所沢市立中央中学校出身)
    平成31年3月卒業

  • 文武両道を合言葉に部活動に勤しみながら難関大学合格を目指すコースです。
    【主な目標大学】
    国公立大学、早慶上理をはじめGMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)など

    文武両道を体現できる環境

    本校に入学してくる生徒たちは皆、豊かな知的好奇心と高い向上心を合わせ持っており、授業にも真剣に臨み、様々なことを吸収しようと一生懸命です。その一方で、放課後は部活動に汗を流しています。
     また入学直後から始まる文理選択ガイダンスや進路ガイダンスにも耳を傾け、自分たちの今後の将来について真剣に考えています。さらに年に複数回行われる校内模擬試験にも力試しとして自分の取り組んできたことを発揮しようと最後まで粘り強く挑戦しています。このように生徒たちはただ部活動や学業のみに傾倒することなく、まさに文武両道を目指し日々、努力しています。

    きめ細やかな進路指導

    進路指導においても他のコースと変わることなく同じように行われ、二年次から生徒自身の目指す夢の実現に向けて文系と理系に分かれ、それぞれきめ細やかな指導がなされています。担任の先生との面談や進路指導室に足を運ぶなどして、常に難関大学を意識し、目標に向かって妥協することなく邁進し、友人達と切磋琢磨する生徒の姿が特徴的です。

    在校生から私は文武両道を目指して、学業や部活動に勤しみ、狭山ヶ丘でしか味わえない貴重な三年間を有意義なものにしたいと考えています。
     現在は教育の分野に興味があり、将来の人の役に立てるような職業に就きたいです。将来、自分が選択できる道を少しでもひろげられるよう、学業と共に様々なことに積極的にチャレンジしていきたいと思います。
     入学当初は、中学時代に比べて学校の雰囲気、授業の様子など周りの環境がガラリと変化した中での生活だったので、多少のとまどいもありました。特に授業の様子の違いには慣れるまで数日間は大変でしたが、現在は先生方の熱意あるご指導のもと、学業に励むことのできる本校の生徒であることに誇りを感じます。素晴らしい環境の中で高校生活を送ることができる幸福に感謝し、日々過ごしています。(1年女子)
    卒業生から私の夢は診療放射線技師として多くの人を笑顔にすることです。そのために、診療放射線学科を志しました。曾祖母が肺がんで亡くなった時にがんの緩和や治療法について入念に調べました。その中で特に放射線治療に興味を持ち、診療放射線技師としてがんなどの難病で苦しむ人を減らそうと思ったことがきっかけです。
     順天堂大学保健医療学部は新設される学部のため、当初どのような入試形態があるのか全くわかりませんでした。そのため、夏の終わりごろまでは一般入試を見据えた勉強を中心に進めていきました。
     順天堂大学を公募推薦で受験することには大きな不安があり、1度は諦めかけたこともありました。しかし、担任の先生や小論文を指導してくださった先生から気持ちを切り替えて前に進もうと励まされ、改めて順天堂大学を公募推薦でチャレンジすることを決意しました。
     志望校合格は喜ばしいことですが、大学に入ることのみが私の夢ではありません。前述のとおり、診療放射線技師になることが最終的な私の目標です。大学では放射線などに関する知識だけでなく、様々な経験を積んで、立派な診療放射線技師を目指します。
    順天堂大学保健医療学部診療放射線科入学 澤田龍成(入間市立藤沢中学校出身)
    平成31年3月卒業

  • 部活動(主として野球部およびサッカー部)に重点を置きながら大学進学を目指すコースです。
    ※本コースは推薦入試(専願)での受験となっており、事前に本校の当該クラブ顧問との事前相談・練習参加が必要です。
    【主な目標大学】
    日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、法政大学、その他体育系大学など

    私立文系に特化

    本コースでは私立文系に特化したカリキュラムを組んでいます。進むべき道を一本化することによって、部活動に専念しながらも、一般入試を突破していくことのできる高い学力を養成することが可能です。国語や英語をはじめ、いわゆる文系教科は様々な場面で友人や監督、顧問の先生と「対話」を重ねる時間の長い部活生たちには特に必須の学びと言えるのです。

    勉強に専念できる環境

    全員が「狭山ヶ丘」という名の看板を背負い、甲子園や埼玉スタジアム2002という舞台でのプレーを目指し、全情熱を部活動に注ぎ込むコースです。しかし、優れた成果を出すためには、煩わしいと思うものから逃げることなく、健全な精神で自己実現を成し遂げていく努力が欠かせません。頂点を目指すからには、このようなコペルニクス的転回が必要になるのです。

    幅広い進路への対応

    本校には長年にわたる先輩たちの実績に支えられた、幅広い指定校推薦枠があります。出願要件を満たす生徒は、その枠を使って大学へ進学する可能性もありますが、新しい入試制度ではいわゆる「学力不問」型の入試枠はなくなる方向で調整されています。本コースでは部活動に邁進しながらも、全員が希望の進路を実現できるように指導します。

    在校生の声本校を志望した理由は、大きく分けて二つあります。
    一つ目は、サッカー部が強化クラブとされていることです。私が受験が近づく年末に狭山ヶ丘高校を知ることができたのは、サッカーを引退せずに続けていたからです。夏までに引退をしていたら、絶対に今の環境に身を置くことはできませんでした。この出会いに感謝して、本校で大きな結果を残したいと思います。  二つ目は、進学実績がとても高いことです。GMARCH等の難関大学へ多くの合格者が出ているというのは、大学進学を考える私にとっては大きな励みとなります。進学実績の高さは、高校を選ぶ上で最も重視したことです。
     私は通学に片道二時間程度かかっています。しかし、時間があまりないからこそ、何をどのタイミングでどの程度勉強するのか、そんな時間の使い方を考えて日々生活しています。自己管理をすることは、まさに文武両道の第一歩です。これを三年間続けることができれば、人間としても大きく成長できると確信しています。(1年男子)
    在校生の声私が総合進学コース(令和2年度生よりスポーツ進学コース)を志望した理由は、勉強や部活動に対して積極的に打ちこみ、文武両道を成し遂げることを目指したからです。
     まず、勉強面では、中学時代に比べて新しい学習内容や覚えることも多くなり、内容も難しくなります。家庭での日々の予習、復習を大切にし、しっかりと取り組んでいく決意です。
     部活動では、チームの練習だけでなく、自主トレーニングにも積極的に励み、チームメイトとともに甲子園出場を目標に精一杯の努力を重ねていきます。
     充実した高校生活はあっという間に過ぎてしまうと思います。クラスの仲間と切磋琢磨しながら、勉強、部活動の両面において悔いの残らないよう一日一日を大切にし、そして多くのことを学び、人間としても成長していけるよう努力、挑戦していきます。(1年男子)

ページトップへ戻る